女性にとって大事な話

日本では最もポピュラーであるコンドームでの避妊。だが、コンドームを使用していても15%の確率で妊娠してしまう可能性が生じる。

 

射精前にも精子を含む粘液が出ているため射精直前にコンドームを装着しても避妊効果が得られない。他にも正しく装着できていない、破れてしまったなどの装着ミスなどが起こりやすい避妊方法が、コンドームでの避妊である。

 

他に避妊方法として、女性側が行うピルの定期的服用がある。ピルとは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンからなるホルモン剤である。

 

その女性ホルモンにより卵巣機能を眠らせ、排卵を防ぐという避妊方法だ。ホルモンの含有量に応じて低・中・高とあるが、ホルモンの含有量が多い中・高用は気分が悪くなったり、むくみが出るなど不快な症状が出やすいがホルモン含有率の低い低用量タイプはそういった不快な症状も出にくいので飲みやすい処方になっている。

 

排卵機能を眠らせる最低限のホルモン含有量なので忘れずにきちんと定期的に服用する必要性が生じるが卵巣機能を眠らせ、排卵をコントロール出来るという点において最も確実性のある避妊方法であると言える。

 

ちなみに、低用量ピルは通販でも購入することができますが、まずは、病院で医師の指導の下服用する方が望ましいといえるでしょう。